老人性難聴の症状とは?

老人性難聴の症状とは?

老人性難聴とは、加齢と共に起こる生理的現象の一つです。
老人性と表現はされていますが、発症する年齢には個人差があり、20代で発症してしまう人もいるようです。
若い頃から日常的に大きな音で音楽を聴き続けていたり、大きな騒音を日常的に感じていると、この老人性難聴になりやすいと言われています。
その他にも、内耳の血流が悪くなるような生活習慣病である高血圧や糖尿病を患っている人に多く見られる難聴です。
症状としては、初期段階ではほとんど自覚症状がなく、耳鳴りを頻繁に感じるようになります。
そのうち、段々と高い音が聴き取りにくくなり、気付いた時には、普通の音量で会話をしているのにその会話さえも聴き取れなくなっていることが多いそうです。
それが片方の耳だけでなく、両方同時に起こるのが老人性難聴の特徴とも言えるでしょう。
早い人だと20代で発症することもあるとお話しましたが、一般的には、大体50〜60代の男女に多く見られる病気です。
聴力が低下したなと思ったら、まず耳鼻咽喉科に行って、検査してもらう必要があります。
あまりにも聴き取りづらいようなら、生活環境なども考えて自身に合った補聴器の装着を考えなくてはなりません。
難聴になってしまうと、周囲の情報が耳から入ってくることが少なくなるので、脳への刺激も少なくなります。
その結果、脳まで老化させてしまう危険性もあるため、早い段階で耳鼻咽喉科を受診してください。

関連ページ

なぜ歳を取ると涙もろくなるのか?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
記憶力が落ちてきたらどうする?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
歳を取ったら骨粗鬆症がおきやすくなる理由とは?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
歳を取ったら睡眠時間が減少する理由とは?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
勃起不全がおきたらどうする?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。