なぜ歳を取ると涙もろくなるのか?

なぜ歳を取ると涙もろくなるのか?

歳を取ってから涙もろくなったなんて話をよく耳にしますよね。
でも、本当に歳を取ると涙もろくなるのでしょうか?一説では、老化によって涙を排出するための器官である鼻涙管の機能が低下して詰まることがその原因だそうです。
鼻涙管が詰まってしまうことにより、鼻の中に抜けるはずの涙が目から溢れてしまうことで、涙もろくなったように見えるという説です。
他にも、目の周りには眼輪筋という筋肉がありますが、その眼輪筋の筋力が加齢と共に低下し、涙の排出量を上手くコントロール出来なくなるせいではないかなどとも言われています。
脳や神経で言うと、感情を抑制している前頭葉の機能が低下して、自立神経を刺激するため、涙もろくなるみたいです。
ちょっと難しい話になってしまうのですが、人間の泣くという行為は大脳辺縁系の価値判断に基づいて脳内に発生する情動反応だと言われています。
大脳辺縁系内では、私達も知らない間に、知識や経験が積み重ねられており、そうすることで自然と広い範囲での価値観などを獲得しているのです。
歳を取るということは生きている時間が長い分、それだけ多くの人生経験を積んでいることだと思います。
このような経験の積み重ねと価値観の獲得によって、他人の痛みがわかるような人になっているのではないでしょうか。
他人の喜怒哀楽に共感して、自分のことのように涙を流すというのは、想像力と思いやりがなければできないことです。
自分の経験と重ね合わせて涙するということもあるでしょう。
いずれにしても、感情が高ぶって涙するというのは、ストレス解消や免疫力の向上に役立ち、体にもいいといわれていますから、我慢せずに泣いた方がいいですよ。

関連ページ

記憶力が落ちてきたらどうする?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
歳を取ったら骨粗鬆症がおきやすくなる理由とは?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
歳を取ったら睡眠時間が減少する理由とは?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
勃起不全がおきたらどうする?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
老人性難聴の症状とは?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。