歳を取ったら骨粗鬆症がおきやすくなる理由とは?

歳を取ったら骨粗鬆症がおきやすくなる理由とは?

骨粗鬆症の人は、日本国内だけで500万人はいると言われています。
では、骨粗鬆症とは、一体どのような病気なのでしょうか。
骨粗鬆症を簡単に説明すると、骨密度が減少し、骨がスカスカになってもろくなってしまう病気です。
普段はあまり意識することがありませんが、骨も毎日新陳代謝を行っています。
古くなった骨は破壊され、その破壊された部分に新しく作られた骨を埋め込んで形成されているのです。
正常であれば、バランス良く古い骨と新しい骨が入れ替わるのですが、骨粗鬆症になると、このバランスを上手く保つことが出来なくなります。
古い骨が破壊されるばかりで、その破壊のスピードに新しい骨の形成が追いつかなくなってしまうのですね。
実は、この骨の形成には様々なホルモンが関係していると言われています。
その中でも、骨の成長に重要な働きをしているのが女性ホルモンです。
女性に圧倒的多く骨粗鬆症が見られるというのは、この女性ホルモンの減少が原因になります。
女性は50歳前後に閉経を迎えると、この女性ホルモンの分泌量が急激に低下してしまいますよね。
その影響で、新しい骨が形成されづらくなり、骨量が低下してしまうそうです。
女性ホルモンの低下以外にも、加齢と共に食欲も衰えていくので、日常生活で摂取するカルシウムの量が自然と少なくなっていってしまうのも骨粗鬆症の原因の一つです。
それに、近年では、偏食や極端で過激なダイエット、喫煙や飲酒の習慣が原因で若い女性にも骨粗鬆症が多く見られるようになってきています。
骨粗鬆症を予防するために、日頃からカルシウムやビタミンを意識的に摂取すると良いでしょう。

関連ページ

なぜ歳を取ると涙もろくなるのか?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
記憶力が落ちてきたらどうする?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
歳を取ったら睡眠時間が減少する理由とは?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
勃起不全がおきたらどうする?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
老人性難聴の症状とは?
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。