老化のメカニズムって?

認知症記事一覧

認知症とは

認知症とは後天的な脳の機能障害で、一度正常に成長した知能が後退した状態を意味します。昔は痴呆と言われていましたが、最近は認知症と呼ばれるようになってきました。認知症(痴呆)とは知能・記憶力・見当識力の低下による障害を指し、時々人格障害が伴うこともあります。日本では血管性認知症が多く、また最近ではアル...

≫続きを読む

 

認知症のチェック表

認知症であっても、すぐに認知症だと認める人は少ないと思います。また、不安を感じて即、病院を受診する人も少ないものです。自覚がある場合もありますが、周囲に気付かれて初めて受診する場合も多いでしょう。インターネットなどで調べれば、色々な機関が出している様々な認知症チェック表(リスト)があります。そういっ...

≫続きを読む

 

認知症の予防

認知症を予防するにはどうしたらいいでしょうか?やはり、規則正しい生活習慣、健康的な食生活、適度な運動・・・これに尽きると思われます。色々な研究機関での研究結果より、これらが効果的であることも知られています。これは認知症予防・・・というよりも、すべての病気に共通して言えることです。健康的な生活を維持す...

≫続きを読む

 

アルツハイマー型認知症とは

アルツハイマー型認知症とは日本人に多い認知症の一種で、認知機能の低下や人格の変化などを主症状とします。CTなどの画像診断で見ると大脳の萎縮が顕著に現れており、病理学検査では脳組織の萎縮と大脳皮質に老人斑(アミロイドべータの沈着)が見られるそうです。アミロイドベータはタンパクですが、これが脳内にたまる...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症とは

レビー小体型認知症とはあまり聞き慣れないですが、三大認知症の一つで、認知症の症状だけでなく、パーキンソン病のような運動障害も併せて発症するのが特徴です。レビー小体とはパーキンソン病変の脳幹で見られる封入体のことです。レビー小体型認知症の脳の場合、これが認知機能を司る大脳皮質にも広く見られます。症状は...

≫続きを読む

 

認知症ケア専門士とは

認知症ケア専門士とは日本認知症ケア学会が認めた認知症ケアの専門家のことです。平成17年から実施された比較的新しい認定資格になります。認知症高齢者の多い我が国において、これから注目されていく資格だと思います。では、この資格はどのようにして取得するのでしょうか?まず、受験資格ですが、「認知症ケアに関連す...

≫続きを読む