アルツハイマー型認知症とは

アルツハイマー型認知症とは

アルツハイマー型認知症とは日本人に多い認知症の一種で、認知機能の低下や人格の変化などを主症状とします。
CTなどの画像診断で見ると大脳の萎縮が顕著に現れており、病理学検査では脳組織の萎縮と大脳皮質に老人斑(アミロイドべータの沈着)が見られるそうです。
アミロイドベータはタンパクですが、これが脳内にたまることが原因の一つではないかと言われています。
アルツハイマーには、家族性アルツハイマー病(遺伝)とアルツハイマー型老人認知症の二つのタイプがあり、どちらも症状は徐々に進行していくのです。
その進行は、大きく3段階に分けることができます。

 

記憶力低下、学習能力低下、見当識低下、感情の動揺。
しかし人格に変化は見られない。
周囲からはあまり気付かれない。
→(第1段階)
記憶力の著しい低下。
徘徊や夜間せん妄。
高次機能障害。
あまりの変化に周囲が気付く。
→(第2段階)
運動障害。
場合によっては寝たきり。
→(第3段階)

 

進行したアルツハイマーの治療法は根本的にはないので、現在の症状を抑制する薬物療法などが一般的です。
また、よく若い人の間で物忘れが激しいと、「アルツハイマーでは?
」などといった会話を聞きますが、若年性アルツハイマーとは、64歳以下で発症した場合をいいます。
原因や症状は65歳以上と変わりはありません。
但し、頭部損傷などの事故が原因になって起こる場合もあります。
その他に、遺伝も考えられますし、18歳くらいでも発症することもあるそうです。
若い場合は欝病と間違えられがちなので、注意が必要でしょう。

関連ページ

認知症とは
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
認知症のチェック表
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
認知症の予防
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
レビー小体型認知症とは
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
認知症ケア専門士とは
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。