認知症ケア専門士とは

認知症ケア専門士とは

認知症ケア専門士とは日本認知症ケア学会が認めた認知症ケアの専門家のことです。
平成17年から実施された比較的新しい認定資格になります。
認知症高齢者の多い我が国において、これから注目されていく資格だと思います。
では、この資格はどのようにして取得するのでしょうか?
まず、受験資格ですが、「認知症ケアに関連する施設、団体、機関等において試験実施年の3月31日より過去10年間において3年以上の認知症ケアの実務経験を有する者」(日本認知症ケア学会のページより)となっています。
特に学校などで履修する必要はないようです。
第一次認定試験(筆記)に合格した後、第二次認定試験(論述・面接)を受験し、合格すれば登録申請をして認知症ケア専門士の資格を取得することが出来ます。
試験の回数は年1回、第一次試験は夏、二次試験は秋に行われており、資格に合格すれば、その後は生涯教育を受け、5年で30単位取得できれば資格更新することが出来るそうです。
試験は認知症ケアの基礎、認知症ケアの実際T総論、認知症ケアの実際U各論、認知症ケアにおける社会資源の中からそれぞれ出されます。
認知症ケア専門士は、認知症をケアできる団体や施設、機関等で従事している者が対象の資格です。
この資格を取れば、認知症ケアの知識が一定以上あると学会から認められることになります。
それにより、自己の評価を高め、現場のスタッフに知識や技術指導を行うことができます。
現場の質の向上に繋がることでしょう。

関連ページ

認知症とは
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
認知症のチェック表
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
認知症の予防
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
アルツハイマー型認知症とは
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。
レビー小体型認知症とは
老化は歳を取れば誰でも迎えるものですが、人によって進行は様々であり、いつまでも若い人っていますよね。老化のメカニズムとは一体何なのでしょう。ここでは老化の予防法についても紹介しています。